ジャンパーにワンポイント加えてマンネリファッションから脱出

SITEMAP

jumper

女性がジャンパーを着てオシャレにキメる

黒のジャンパー

ジャンパーにはボーイッシュなイメージがありますが、だからといって女性が着て似合わないわけではありません。むしろメンズライクにキメたいときは、ジャンパーを着ることによって全体が整った印象になります。もしもボトムスやアクセサリーをメンズライクにしているのに、トップスだけ女性らしい服だったらミスマッチになってしまいます。せっかくメンズライクにこだわるなら、トップスもジャンパーのようなボーイッシュな服を着ると統一感が出ます。夏を感じさせるような暑い季節ではジャンパーを着ることができないですが、それ以外の季節だったらいつでも着られます。特に寒がりな女性は、春先や秋口でジャンパーをコーディネートに加えることができます。
ジャンパーは季節感の出る服ですので、どのタイミングで着るのかはよく考えて着なければいけないです。あまりにも周りの雰囲気とマッチしないようであれば、そのときは無理にジャンパーを着ないほうが賢明です。ただ、冬だったらいつでも着られますし、まだ肌寒さの残る季節なら着てもそれほどおかしくはなりません。ですので、季節の移り変わりに合わせながらおかしくならない程度にジャンパーを着れば、コーディネートのパターンがひとつ増えます。

ジャンパーの着用理由とは

ジャンパーの利点。○動きやすい。○デザイン多様ある。○値段が比較的に安い。○季節問わずに着られる。○動きやすい。という点ですが、ジャンパーで比較的に多いものはファスナーやパチンと手で留められるボタン式のタイプがよく目に付きます。これは脱着する時間の短縮化にも繋がるので非常に効率的な作りと言えます。素材についてもナイロンやポリエステルがよく使われているので機動性に優れています。仕事でジャンパーが多く利用されているのはこういった理由から使用されているだと思います。
デザイン多様ある。という点ですが最近のジャンパーですと機動性をやや抑えてウールやコットン、革素材を利用したデザイン性を重視した物が増えてきました。昔のシンプルなジャンパーに比べて背中にロゴが入っていたり部分部分違う素材であったりして種類も多いので私もどちらかというとファッション的に愛用する事が多いです。
値段が安い。という点ですが一般的なジャンパーはジャケットやコートと違って良い意味で作り込まれていません。主観ですがジャンパーについては薄い生地の物が多いですがジャケットやコートについては厚い生地の物が多いです。その分安いのかなと感じています。季節問わずに着られる。という点ですが前述にもあるようにジャンパーは種類が非常に多いです。素材であったり厚みであったり。目的に合わした着こなしができる為年中ジャンパーを着る事ができるのです。

ジャンパーはサイズが大事

ジャンパーはデザイン性も大事ですが、最も重要なのは自分の体に合ったサイズを選ぶことです。肩のラインが小さすぎてもカッコ悪いし大きすぎても違和感があります。動きを妨げないためにも、肩幅に合ったものを選びましょう。また、袖の長さも手首がすっぽり隠れるサイズを選択しましょう。袖をまくって着こなすのが流行っていますが、長すぎると流行が去ってから着用するときに時代遅れになってしまいます。また、短いと手首が寒くて防寒の役割を果たすことができません。丈も長すぎるものはジャンパーの意味がありません。ウエストラインの短いタイプも一時期流行りましたが、今は見かけなくなりました。腰が隠れるくらいのショートサイズを選びましょう。
長く使いまわすには、スタンダードなデザインを選ぶことが要です。トレンドを気にせずに安定した定番商品を購入すると良いでしょう。ジャンパーはデニムやスキニーパンツと合わせればクールなイメージに、ロングスカートやスカーチョと合わせるとエレガントになり、雰囲気がガラリと変わります。また、合わせやすい丈なのでワンピースやフレアースカートにもマッチします。バレエシューズやスニーカーを合わせていろいろなファッションを楽しみましょう。

注目記事

最新情報

2017年08月23日
ジャンパーは定番ブランドを選ぶを更新しました。
2017年08月23日
ジャンパーを買うときに注意する点を更新しました。
2017年08月23日
機能面だけでなくデザインもを更新しました。
2017年08月23日
ジャンパーは作業着だけでなくいろいろ使えるを更新しました。
TOP